愛されネットショッププロデューサーの西村公児です。

5回目の動画は、
愛されネットショップの一番肝になる
「私ブランド」について共有したいと思います。

「私ブランド」は、どういう意味なのか?
ということを前回動画で解説をしています。

また、前回のポイントは、基本的に商品について
「一生懸命懸命に説明するな」ということですよね。

実はネットショップで成功するためには、
“誰が言うのか”
が非常に重要です。
簡単に言うと、「権威性」です。

その上で
“何を言うのか”
ということをセットにして
ブランドストーリーを作ることが重要になります。

これが愛されネットショップの秘訣です。

商品もしくはあなたの作品やサービスに対してのみ
フォーカスするのではなく、
人つまり自分(会社)に対してもしっかりと
「語っていく」ということが非常に大切になっていきます。

ここを履き違えてオリジナルを作ってしまうという方向性になってはいけません。
どんどん疲弊します。
価格競争に突入します。
相手がこんな商品を出している?!
こんな作品を出してるから
自分はもっと低く価格設定をしなければいけない
となってしまいます。

あなたのファンをつくっていくという感じに
なる必要があるのです、。

あなたは正々堂々と着実に進んで下さい。

誰が言うのか?
と言うことで、あなたが何者なのか?
また、
なぜ、そんなことを言う資格があるのか?
を一生懸命、伝えることが重要になるわけです。

「私ブランド」の肝になっていくわけなんです。
具体的には、「私ブランド」

誰が言うのか?
は、どうやって作っていけば良いのか?
です。

それは、あなたの人生の中の失敗の一部分を
切り取ってみます。

そして、その切り取った経験から得た
教訓や感じたことを問題解決に活かすのです。

別に挫折や失敗から切り取らなくても
栄光や成功からでも良いです。

あなたの栄光と挫折から
その一部分切り取ってみてください。
そして人生のテーマみたいな抽象度が高い
ミッションにすることをお勧めします。

要は大きな話に転換してみます。

なぜ、私はこの作品を作れるような特技が
身に付いたかと言いますと、
という展開です。

自分が身に付いた特技や想いを
作品やサービスに載せることによって
その人物に興味が湧いてきます。

そうすることによって、あなたの想いと作品が
一体化する、もっと言うと世界観の一貫性が
生まれてきます。

その結果、すごく重いメッセージに
なるということになるんですね。

このテーマを見つけるということが
「私ブランド」の一番大切な肝になるんですね。

ぜひ覚えておいてほしいなと思います。

今回はこの肝についてお話をさせていただきました。

あなたが実際に頭で理解して概略が分かったとしても
実際には、簡単にはできないこともあります。

最初の一歩を踏み出すのに
とても勇気が必要だったりするかも知れませんね。

そんな時は、私は主宰している
「愛されネットショップ」をオンラインサロン形式で
開催しています。

ぜひ、こちらの方も参考にして頂ければ嬉しいです。

今回は、この5回の動画で全体的なお話しは

終わります。

またこのサイトにてどんどん
ノウハウや実践報告もしていきますので
引き続き楽しみにしておいてください。